honey suckle

honey suckle

庭の紹介

 夫婦で庭づくりを福岡の郊外で2003年に始めました. 赤土むきだしの斜面にまず階段や園路をつくって芝をはり、果樹やバラ、ハーブなどを植えました.
 2010年にイギリスの有名なガーデンの、シシングハースト、モティスフォントアビー、ヒドコートマナーなどを回り、その素晴らしさに圧倒され、それから自分たちで小さくても素晴らしい庭をめざして庭づくりをつづけています.



2/25/2021

HARDENBERGIA (ハーデンベルギア)

 

Hardenbergia is a vine that begins to bloom in February.  The pink and purple varieties are growing on either side of the arbor seat on the east side of the garden.  Small flowers bloom in clusters, and upon closer inspection, one can see that they are legumes.  When these flowers are over, spring will be in full swing in the garden.  


ハーデンベルギアは2月に咲き始めるつる性の植物です. 庭の東側にある屋根付きベンチの両側に、ピンク色と紫色の品種を育てています. 小さな花が房状に咲き、よくみるとマメ科の花であることがわかります. この花が終わるころ、庭には本格的な春がやってきます. 






On the right side of the arbor seat is a variety with pink flowers.  

屋根付きベンチの右側はピンク色の花をつける品種です. 





And on the left side of the arbor seat is a variety with purple flowers.

そして、左側には紫色の花をつける品種が育っています. 




The plants in the flowerbed are Echium candicans on the left, Agapanthus on the right, and the white flowers in the urns (cup-shaped pots) are Super Alyssum. 


花壇の植物は、左側がエキウムカンディカンス、右側がアガパンサスで、盃型のポットの白い花はスーパーアリッサムです. 




At the upper entrance of the garden, white flowers are blooming along with purple ones.

庭の上の入り口には紫の花と一緒に白い花も咲いています. 




モーツァルトのオペラ『フィガロの結婚』のアリア「恋とはどんなものかしら」をバックに

2/23/2021

MAINTENANCE OF THE BENCH (ベンチのメンテナンス)

 

It was January 2011 when the brick wall was completed in our main garden and the bench was installed in front of it. Since 2012, the climbing roses have bloomed beautifully behind the bench every year. The bench is made of teak wood and has been maintained every winter with a coat of teak oil. My wife is in charge of it, and she just finished it. Thanks to the maintenance, there is little damage. This year, I hope that many visitors will sit on this bench in the open garden to enjoy the wonderful fragrance of roses and take photos. 


庭にレンガ塀ができてその前にベンチが置かれたのは2011年の1月でした. 2012年からはつるバラがベンチの背後で美しく咲いています. ベンチはチーク材でてきていて、毎年冬にチークオイルでメンテナンスをしています. その担当は家内で、先日終わりました. ベンチはメンテナンスのおかげでほとんど傷んでいません。今年こそは、オープンガーデンにたくさんのお客様がみえて、このベンチに腰かけてすばらしい香りを楽しみ、記念撮影をされることを願っています. 


 2010

2011

2012

2020

2021






2/21/2021

LEAVES OF ACANTHUS (アカンサスの葉)

 

I bought a seedling of Acanthus mollis in 2015 and planted it in my garden.  The seedling grew year by year and produced many flowering spikes in the past two years.  The flowers are wonderful, of course, but the beauty of the foliage is also exceptional.  


アカンサスモリスの苗を2015年に買って庭に植えました. 苗は年々成長し、ここ2年ほどはたくさんの花穂をつけるようになりました. その花はもちろん素晴らしいのですが、葉の美しさもまた格別です. 

2015

2019

2020



Last autumn, I divided the plants in two parts and transplanted one under the plum tree where I grew hostas.  And even in the cold of winter, surrounded by oxalis, the leaves are growing. 

昨年の秋に二つに株分けをして、ひとつをギボウシを育てているスモモの木の下に移植しました. そして、冬の寒さの中でもオキザリスに囲まれて葉を伸ばしています. 

Under the plum tree

The original one



I'm growing a seedling in a pot to try to grow variegated acanthus.

斑入りのアカンサスも育てようとおもい、苗を植木鉢で育てています.




冬のアカンサスモリス






<> <> <> <> <> <> <> <> <> <> <> <> <> <> <> <> <> <> 


William Morris used these beautiful leaves as a motif for his bold wallpaper designs in 1874. I saw the designs at an exhibition and loved them, so I used one of them as wallpaper in my garden room.


ウイリアムモリスはこの美しい葉をモチーフにして、明治7年に大胆なデザインの壁紙をデザインしています. そのデザインを展覧会で見て気に入り、ガーデンルームの壁紙に使用しました. 






If you're interested, here's a video showing how to make William Morris wallpaper.

ウイリアムモリスの壁紙の製作法を紹介した動画を下に掲載しますので、興味のある方はご覧ください.


ウイリアム・モリスの壁紙の木版印刷



2/19/2021

POSTED ON THE BBC SNS (英国BBCのSNSに掲載)

 

Last year, the BBC's gardening program asked for videos from the public, and the video of my garden that I submitted was posted on the BBC's Facebook and  Twitter pages!


昨年BBCの園芸番組が一般の人の動画を募集したときに応募した我が家の庭の動画が、BBCのフェースブックツイッターに掲載されました


Click this picture ↓ to Facebook (フェイスブックには下の写真をクリック)


2/18/2021

TWO VARIETIES OF OXALIS (二種類のオキザリス)

 

The oxalis we are growing under the plum tree is a plant that brightens up our dreary garden with its white flowers in winter.  The flowers only open during the day on sunny days and close the rest of the time, so they last a very long time. It's bulbous and spreads by underground stems, so the downside is that it can become invasive if you're not careful.  


スモモの木の下で私たちが育てているオキザリスは冬に白い花を咲かせて、さみしい庭を明るくしてくれる植物です. 晴れた日の日中だけ花は開いて、あとは閉じているのでとても長持ちします. 球根性で地下茎で広がるので、ちょっと油断すると浸食性になるのが欠点です. 








The pink oxalis blooming in the peony beds is annual that grow from spilled seeds every year and are relatively easy to control. 

シャクヤク、ボタンの花壇で咲いているピンクのオキザリスは毎年こぼれ種から育つ一年草で、コントロールは比較的容易です. 







2/16/2021

MY 'ORNAMENTAL KITCHEN GARDEN' (私の「美しい菜園」)


 In making our potager, we have found the book Ornamental Kitchen Garden by Geoff Hamilton and the DVD of the same name to be very helpful. I was introduced to it by a gardening friend in England. I was so interested in this book that I translated it into Japanese and bound one copy myself. The title in the first scene of the DVD is 'The ORNAMENTAL KITCHEN GARDEN With GEOFF HAMILTON', and the music in the background is Salut D' Amolet by Edward Elgar. 


私たちのポタジェ作りには、ジェフ・ハミルトン著のオーナメンタルキッチンガーデンという本と、同名のDVDを大変参考にしてきました. イギリスの園芸の友人からの紹介で知りました. この本に大変興味をもち、自分で日本語に翻訳して1冊だけ製本しました. 久しぶりに本をめくり、DVDを見て、とても懐かしくなりました. DVDのファーストシーンに出てくるタイトルは、The ORNAMENTAL KITCHEN GARDEN With GEOFF HAMILTON. そしてバックに流れる音楽はエドワード・エルガーの「愛のあいさつ」です. 


Geoff's book and DVD 

Just one book printed in Japanese translation, divided into upper and lower volumes.
ただ1冊上下巻にして印刷された邦訳本


So I edited the video of our potager from last year and used that song as background music. Please take a look at our ornamental kitchen garden in 2020, when it was all about the new Corona virus pandemic and no one came to visit our garden.


そこで、去年の私たちのポタジェの動画を編集して、その曲をバックグラウンドミュージックとして使ってみました. どうぞ、新型コロナ一色となって誰も見に訪れることのなかった2020年の私たちの美しい菜園をご覧ください.


私たちの「美しい菜園」: エルガーの「愛のあいさつ」をバックに


2/14/2021

MAKING AN IRON ARBOUR (鉄筋でアーチづくり)

 

We removed half of the white-rose ('Snow Goose' and 'Iceberg') arbour because it was in the way when we built the garden room. 


ガーデンルームを建てるときに邪魔になったので白バラ(スノーグースとアイスバーグ)のドーム型アーチは半分撤去しました. 


Rosa 'Snow Goose' on the arbour (May 2020)

A left half of the arbour was removed (July 2020)



Now that the garden room is complete, I have re-made the arbour.

ガーデンルームが完成したので、アーチを作り直しました. 

January 2021



I used rebar and aluminum wire to make an arch. Last time we made a rectangular shape at the bottom and a round dome at the top (I called it an arbour), but this time I made a cuboid shape.

I inserted two rebars at each of the four corners, bundle them together, and connect the tops of the diagonals with long rebars. In addition, rebars were connected to the long sides to reinforce them. Aluminum wire was used to fix the rebar to each other.  Rusty rebar blends in with the plant.


鉄筋とアルミ線を使ってアーチを作ります。前回は下は長方形で上は丸いドーム型としましたが、今回は直方体の形にしました。

四隅に2本ずつ鉄筋を挿して束ね、対角線の上端を長い鉄筋で連結します。さらに、長辺に鉄筋を連結して補強しました。鉄筋同士を固定するのにアルミ製の針金を使用しました。錆びた鉄筋は植物の中に溶け込みます.


Rebar arch design

Steel bars bound with aluminum wire
アルミ線で締結した鉄筋

Looking down from above. 上から見下ろしたところ

Looking up from below. 下から見上げたところ

A
The rebar arbour seen from the window of the garden room. 
ガーデンルームの窓を通してみた鉄筋のアーチ


I'm looking forward to the climbing roses growing again and covering the arbour. 


つるバラがまた伸びて、アーチを覆うのが楽しみです.